まさみの社会勉強
日常の日記以外にも、色んな商品やサイトの紹介をしていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お子様の可能性を伸ばす 2つの方法 
こんにちは!
今日は「お子様の可能性を伸ばす 2つの方法」を提案するZ会を
紹介するよ!


なんとも興味をそそる提案。この2つの方法とは
小学校1年生から始める体験学習と、国語力を身に付ける国語力検定
にあるとZ会は提案しています。
そもそもこの体験学習というのは鉛筆片手に教科書をめくって
学ぶものとは違い、日常での体験や物事の観察などを指します。
ただ勉強しろ!と言ってばかりでは子供のやる気は育たないんだよね。
いかにやる気にさせるか。いかに興味を持つか。
そして毎月のテーマごとに体験したり観察したことをレポートに
書いて提出するから国語力も自然と身につくよね。


考えてみれば私は作文というものが苦手。
だからこのブログでさえ、話のまとまりがなかったり、たまに
自分で書いていても何を伝えたいのか、何を表現したかったのかが
イマイチうまく文字にできないことも多々アリ…w


本を読んでもあらすじしか書けなかった作文。
未だにそのクセというか根本は治っていません。
感想というものが言葉に表せないんだ。


国語の勉強ってなにも漢字の読み書きの勉強や古典の勉強だけじゃない。
もちろん漢字も必要だけどそれを文字にしたり言葉にしたりするのに
表現が大切なんだよね。


本を何冊も読むより、本を読んで感想文を書いたほうが
表現力も豊かになる。
私は本を読むだけのタイプだったから、表現力に乏しいのかな?
特に今仕事をしていてお客さんと接する時に、国語力の無さを
痛感します。


私にも子供ができたら、体験学習国語力を育ててあげたいです。


※BloMotion・キャンペーン参加記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © まさみの社会勉強. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。